1. TOP
  2. 金剛筋シャツはガリガリ痩せてる人に効果ないのか評価してみた

金剛筋シャツはガリガリ痩せてる人に効果ないのか評価してみた

仕事中も睡眠時間も24時間トレーニング
金剛筋シャツ

金剛筋シャツが大変なブームになってますね。でも、このページをご覧のあなたはきっと疑問に感じていると思います。

「自分の様なガリガリに痩せている人が使っても効果あるのかな・・・?」

その気持ち、良く分かります。なぜなら私自身、身長177cm体重50kgのガリガリ男だったからです。

でもご安心ください!このページを読み終える頃にはガリガリなあなたが金剛筋シャツを買うべきかどうか判断がつくと思いますので( ´∀`)bグッ!

それでは、私が実際に金剛筋シャツを使ってみて分かったことをお伝えしていきたいと思います。よくある口コミなどはダイエット系のものが多いですが、私はガリガリ代表として痩せた人の目線から実体験に基づいたレビューを事を書きますので、「太りたい」「体重を増やしたい」「上半身を鍛えたい」といった人には参考にしてもらえると思います。

金剛筋シャツの特徴と着用する意義についておさらい

金剛筋シャツは「補助ツール」

まず、そもそもの前提を確認しておきますが金剛筋シャツはトレーニングや中長期的なダイエットをサポートしてくれる「補助ツール」です!

補助ツールと断言したのは、初めの認識がズレると「金剛筋シャツは効果なし」みたいな良くある口コミを書き込むハメになるからです(;´Д`)

確かに金剛筋シャツは「着るだけでバッキバキ」的なイメージが先行した商品なのでそのような口コミも出て然るべきとも思いますが(自分もそうでしたw)、使い方によっては非常に有用なトレーニング「補助ツール」になるというのが実体験から得られた感想です。あるトレーナーさんも同様なことをおっしゃっていました。

即効性のない金剛筋シャツをわざわざ着用する意義

どの程度の期間や効果をもって即効性とするかは置いておくとして、1週間~10日程度の着用でルックスの劇的な変化を求めるような物ではないと断言できます。でも、常時加圧されていることによるメンタルの変化や姿勢矯正効果は着用してすぐに感じる事ができます。

それから、通常よりも「微かに負荷がかかっている」ことの積み重ねが体幹にポジティブな刺激を影響を与えているのは無視できないですね。少しの運動でも体が熱くなって「代謝が良くなってるな~」という実感を得ている人は、私だけではないです。

そして筋量アップを目指している人にとって最も意義があると思われるのが「筋トレの質をちょっと良くしてくれる」点です。特に私の様な筋トレ初心者は筋肉の動きに「ブレ」があるものですが、加圧力によって程よくサポートされ、安定感が増します。物理的にも、未着用に比べたら「ちょっとだけ」負荷が+αされているハズです。

それから鍛えている部分に意識が向きやすくなります。コレが以外に重要で、トレーニングの質を上げる為には鍛えている部分への意識の集中が大切ということが言われています。

加圧トレーニングほどの効果はない

トレーナーさんもおっしゃってましたが、金剛筋シャツには加圧トレーニングほどの効果はありません。加圧トレーニングというのは、血流を制限した状態で筋肉に負荷をかける特殊なトレーニング方法で、専門知識やトレーナーさんの要るハイレベルな筋トレになります。金剛筋シャツには血流を制限できるほどの加圧力は無いということですね。

でもウラを返せば、トレーナーさんのいるジムに通わなくても自宅の筋トレの質を「お手軽に」上げられるのが最大の魅力とも言えます。

他社製品に比べて優位な点

これにはハッキリとした優位性がありますね。さすが加圧シャツの元祖というだけあって、他社製品と比べて加圧力が頭ひとつ飛びぬけている印象です。

これは、伸縮性素材「スパンデックス」の配合量が他と比べて多いことによります。

金剛筋シャツは細い人に効果があるのか?

ここが一番気になる点だと思います。何をもって「効果」とするかも重要なので、まずは効果についてまとめてみましょう。

「太い人」と「細い人」が求める効果の違い

当然ですが、「太い人」と「細い人」が求める効果には差があります。出だしが違いますからね笑

太い人は燃焼・ダイエット効果

太い人が求める効果というのは、当然この辺りがメインでしょうね。最終的な理想は「引き締まったボディ」なのでしょうが、当面の目標は「現状よりも脂肪と体重を落とす」ことに主眼が置かれると思います。

細い人は筋肉量アップ

細い人というのは、もっぱら「筋量アップ」が目標となるのではないでしょうか?特に男性の場合は「頼りがいのあるたくましいボディ」に憧れている場合がほとんどですよね。「脂肪でもいいからとりあえず体重アップ」というのは、少数派なのかなと思います笑

多くの痩せ型の男性にとって、ゴールは「筋量アップ」ということですね。

「細い人」が金剛筋シャツを使う上での懸念点

細い人が金剛筋シャツを筋量アップの目的で使う場合、懸念されるポイントとしては「加圧力の不足」です。同じサイズに限定するなら、当然太っている人よりも痩せている人の方が加圧力は低くなりますよね。でも、この点に関してはクリアにする方法があるのでご安心ください。

「細い人」の懸念点を払拭する超簡単な方法!

ズバリ、「2枚重ねで着る」です。簡単ですね笑

2枚重ねで着用すれば当たり前ですが加圧力が上がります。2枚で足りなければ下にインナーを追加するだとか、3枚重ねにするだとかの対策ができますよね。

そう考えると、痩せている人の方が自由度が高いとも言えます。

金剛筋シャツのお得な購入方法

金剛筋シャツは楽天やAmazonでも取り扱っていますが、お得に購入したいというのであれば、特別な事情がない限り公式ショップでの購入をおすすめします。

公式サイトで買うメリット

まとめ買いがお得

複数枚購入の割引率が高いです。最大で2,500円以上割引になります。

ニセモノを掴まされない

公式サイトを装った悪質な業者がいるのも事実です。「粗悪品が送られてきた」という口コミも多々あるので、確実に純正品が欲しいのであれば公式サイトが無難です。

購入ページでレギンス(スパッツ)が追加できる

裏メニュー的に購入ページでレギンス(スパッツ)が追加購入できます。

私的には痩せている人はまず上半身を鍛えるべきと思うので、下半身用のレギンスは上半身が完成したタイミングでも良いのかなとも思いますが、余裕のある人は最初から上下でバランスよく鍛えていっても良いのかもしれません。

コンビニ後払いや代金引換が選択できる

カードを使わない、持っていない人も購入できるのは嬉しいですね。

まとめ

金剛筋シャツは痩せている人にも使い方次第で特定の効果はあると思います。

私も筋トレ時のサポート効果、インナーマッスルへの刺激、姿勢矯正効果、腹式呼吸の安定、代謝促進などを実感することができました。

ただ「痩せている人が使う」といった視点から個人的な意見を言わせてもらえば、例えば上半身のルックスを短期間で改善したい場合などは、金剛筋シャツの導入は優先順位として下がるかなというのが本音です。

なぜなら痩せている人は太っている人に比べて、金剛筋シャツの最大の特徴のひとつとも言える「着ているだけの代謝促進効果」の必要性が薄いからです。

金剛筋シャツもそれなりに高価です。インナー(下着)ですので、毎日着用となれば4~5枚は欲しいですよね?金剛筋シャツの5枚セットの割引後価格は税込みで20,630円です。そして金剛筋シャツも着ているだけで筋肥大は見込めないので筋トレが必要になります。

それを考えると、例えば最上級のHMBサプリ「HMB極」の4ケ月分が19,940円で買えます。同じ筋トレをするならHMBを摂取したほうが断然効率が上がります。取りあえずの結果を出すのに4か月あれば十分ですので、同じようなコストを払うのであれば自分だったらHMBサプリを勧めます。そしてプロテイン、マルチビタミンですね。(コストが許容できるのであれば金剛筋シャツなどの加圧シャツを併用というのもアリだとは思います。)

まとめると、「金剛筋シャツは痩せてる人にもお勧めはできるけれど優先順位は下がる」といったところです。

限られた時間や費用で最大限の効果を得るために、ぜひ優先順位をつけてトレーニングに取り組んでもらえたらと思います。